Art

モチーフは仏壇や神棚 日本の美意識と触れ合うブランド「KITOKAMI」デビュー

KAMIDANA/五穀豊穣をワインや肉、果実やチーズなどで表現
KAMIDANA/五穀豊穣をワインや肉、果実やチーズなどで表現
Image by: ナショナルデパート

 仏壇や神棚など日本の伝統的なモチーフを落とし込んだインテリア家電・アパレル・食を取り扱う新ブランド「キトカミ(KITOKAMI)」がデビューする。リフィルを活用することでワインや肉、果実など神棚以外のデザインに着せ替えることができる「カミダナ(KAMIDANA)」、世界時計やアロマディフューザーなど生活に必要な情報機器になる「ブツダン(BUTSUDAN)」、屏風に着想した空気清浄機「ビョウブ(BYOUBU)」といったプロダクトの展開を予定している。

— ADの後に記事が続きます —

 日本の美しい文化や心を通じて衣食住を提案する「キトカミ」は、岡山を拠点とするナショナルデパートが運営。商品展開に先駆けてティザーサイトが開設されており、「生活の中で日本の美意識と触れ合う機会を生み出すプロダクトを創造し、私たちが忘れていた何かを思い出す手助けになればと思っています」というブランドメッセージが掲載されている。

 今後、取り扱いを予定しているプロダクトは、ワインやチーズ、宝船や七福神、稲荷神社など様々な紙製リフィルを挿し込むことで完成する薄型の神棚型インテリアオーナメント「カミダナ」、先祖を祀るために戒名や法名を記す位牌をインテリアに馴染むデザインに変えた置き時計「イハイ(IHAI)」、皿や椀を立体的にセッティングするテーブルウェアの「タカツキ(TAKATSUKI)」、六曲一隻(6つに曲がるひとつの屏風)の形状を採用した「ビョウブ」など。一部商品は4月20日からECサイトで販売予定だが、全商品の発売日や価格は現段階では未定となっている。

KITOKAMI ティザーサイト

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング