Art

ニトリがおしゃれに変身?プランタン銀座に百貨店1号店がオープン

新ブランド「NITORI QUALITY LINE」
新ブランド「NITORI QUALITY LINE」
Image by: Fashionsnap.com

 百貨店初進出となる「ニトリ プランタン銀座店」が4月24日オープンした。店内は「プランタン銀座を訪れる20代・30代の女性に向けてファッショナブルに進化させた」(ニトリホールディングス似鳥昭雄社長)といい、"より上質なコーディネート"をキーワードに厳選した雑貨類を提案する新ブランド「NITORI QUALITY LINE」も取り扱う。

 広さ約1,500平方メートルのワンフロアで展開する「ニトリ プランタン銀座店」は、約10,000SKU(カラー・サイズ)を取り扱う従来の品揃えの中から、モダンでカラフルな商品をメインに厳選した約3,000SKUを販売。売場はプレゼンテーションを重視した構成で、中価格帯のアイテムが中心となる。ニトリは郊外で既に300店舗以上構えているが、今後は都心型店舗の出店を進めていく計画。似鳥社長は銀座の百貨店への進出理由について「これまでやってこなかったオシャレな店をつくるには、世界で認められる華やかさをもつ銀座が知名度を高める上でも良い場所だった」といい、「これまでのニトリから少し変身しておしゃれに見せていくチャンス。若い女性を惹きつけていきたい」と抱負を述べた。免税サービスにも対応しており、ホームファッションの需要が高いと見込むアジア圏観光客の取り込みを狙う。これまで6階と7階の2フロアで営業していたユニクロは、7階のワンフロアのみに売場を縮小している。

 ニトリはここ1年ほどで中価格帯家具のラインナップを強化しており、これら商品郡とのコーディネートを考えた「NITORI QUALITY LINE」の販売を先週からスタート。展開商品はクッションを中心に、インテリアフラワー・インテリアグリーン、フラワーベース、照明、サイドテーブルをはじめとするスモールファニチャーなど40〜50SKUで、今後はウォールデコレーション等も加えて約100SKUに拡大させる。価格帯はクッション(カバー・本体セット)が2990円〜1万円以下と従来品の約2倍だが、デザイン性を高めた他にも、革張りソファに合うようにサイズを変更し本体にも反発力のある素材を用いるなど"上質"にこだわったつくりで市場相場と比較すると1/2〜1/3程度だという。取り扱い店舗はプランタン銀座店も含めて49店舗だが、下期までに100店舗まで広げていく。

■ニトリ プランタン銀座店
 営業時間:11:00~21:00(日曜日は20:00まで)
 所在地:東京都中央区銀座3-2-1 プランタン銀座本館6階

公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング