World News

ミュウミュウの広告、検閲によるメディア掲載禁止を巡って賛否両論

英国で禁止された広告 公式インスタグラムより
英国で禁止された広告 公式インスタグラムより

 英国の広告基準局(Advertising Standards Authority)が、Steven Meiselが撮影した「ミュウ ミュウ(MIU MIU)」のキャンペーン広告のメディア掲載を禁止した。モデルの子供っぽい容姿から「性的な印象を与えかねない」という理由だが、起用されたモデルが成人であることからメディアでは禁止について疑問の声も上がっている。

— ADの後に記事が続きます —

 対象になったのは英国版ヴォーグ誌に掲載された「ミュウミュウ」のスプリングキャンペーン広告で、半開きのドアからバッグを抱えたモデルがベッドの上に足を組んで横になっているのが見えるという構図。広告基準局は、ミニマルなメイクアップと大きめの衣装はモデルの外見を16歳以下に見せており、脆弱性と覗き趣味の雰囲気を意図的に演出していると指摘。しかし、モデルに起用されたミア・ゴス(Mia Goth)は撮影当時21歳の成人で、ブランドの親会社のプラダSpA(PRADA)は「広告にもモデルの表情にも性的な要素はない」と反論し、広告を掲載したヴォーグ誌も「読者からクレームは一切なく、モデルを子供だと思った読者がいるとは考えにくい」と擁護した。同局は本広告のメディア掲載を禁止し、ブランドに対しても性的要素を強調した若い女性のイメージを使用しないよう警告した。しかし現在までに、インスタグラムのブランド公式アカウントからは広告画像は削除されていない。

 今回の措置にメディアからは「設定が性的な連想させ見てて不快」と禁止に賛成の意見がある一方で、「過剰に反応し過ぎでは?」という意見が出るなど議論を呼んでいる。同局には先週にもカーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)を起用した「トムフォード(TOM FORD)」のフレグランスの広告看板の取り下げ要請が近隣住民からあったが、この件に対しては特に処罰はなかったという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング