Art

"元祖クロナッツ"NY発人気店「ドミニク アンセル ベーカリー」日本1号店の店内公開 レストランやティールームを導入

エントランス
Image by: Fashionsnap.com

 NY発の人気ペイストリーショップ「ドミニク アンセル ベーカリー(DOMINIQUE ANSEL BAKERY)」日本1号店が、6月20日のオープンに先駆けて店内が公開された。日本独自の個室を配置し、メニューでは人気商品のクロナッツをはじめ、クッキーショットやフローズン スモアといった定番に加えて日本限定商品を取り揃える。

 ニューヨークで誕生した「ドミニク アンセル ベーカリー」はクロワッサン食感のドーナツとして大ヒットしたクロナッツで知られる人気店。数量限定で作られることから毎朝早朝5時から長い行列ができ、ヒュー・ジャックマンやレオナルド・ディカプリオらハリウッドセレブからも愛されている。

 海外進出1号店となる「ドミニク アンセル ベーカリー トウキョウ(DOMINIQUE ANSEL BAKERY TOKYO)」は表参道の裏通りに立地。建物は2フロアで構成され、1階ではテイクアウトやイートインに対応し、2階はアンセルの希望でNYの店舗では展開していなかったレストランを導入する。席数は1階に16席、2階に72席を設置し、茶室から着想した和風のティールームも設置される。アンセルは自身が同店舗に常駐できないことを配慮して内装のディレクションも担当。エントランスでは自身の"分身"となるポップアップウィンドウで来客を出迎え、店内にはグラフィックや植木をあしらい空間づくりにも力を入れたという。1階の壁面に描かれた地下鉄の路線図はフランス出身のアーティスト バーラム・ムラーティアン(Vahram Muratyan)が手掛けた。

 メニューはクロナッツ(594円)をはじめ、クイニーアマンをベースにオリジナルレシピで開発されたDKA(ディーケーエー)(594円)やクッキー生地のショットグラスにバニラミルクを注ぐクッキーショット(518円)、マシュマロをその場で炙るフローズン スモア(778円/すべて税別)などNY店の人気商品をラインナップ。クロナッツは日本限定フレーバー第1弾としてミルクやゆず、レモンなどを組み合わせる。このほかスイーツも取り揃え、「パリ・ブレスト」を抹茶ガナッシュで仕上げたパリス トウキョウ(756円)やティールームのみで提供されるモンブラン ワガシ(648円)などは日本限定商品として販売。また、2階ではミニロブスターロールやアップルサイダー ドーナツなどを揃えた限定メニュー「セントラルパークバスケット」を用意する。

 若い頃から日本に憧れていたというドミニク・アンセルは「ニューヨークと東京は似ている」といい、「ファッションに囲まれていて、観光者もたくさんいる」と親和性を感じたという。日本から度々インスピレーションを受けてきたと話し、「東京に2号店を出すことができて嬉しい。多くの人に来てもらって思い出を作って欲しい」と呼びかけている。

■ドミニク アンセル ベーカリー トウキョウ(DOMINIQUE ANSEL BAKERY TOKYO)
オープン日:2015年6月20日(土)
住所:渋谷区神宮前5-7-14
営業時間:8:00〜19:00
業態:1F テイクアウト/イートインスペース
   2F カフェレストラン
座席数:88席(1F 16席、2F 72席)※2階の個室は招待客のみ利用可
電話番号:03-3486-1329 ※オープン日より開通

公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング