Beauty

イソップ 爽やかで魅惑的な新しい香り「タシット」発表

 オーストラリア発のボタニカルスキンケアブランド「イソップ(Aesop)」 が、新作フレグランス「タシット」を発表した。ブランドにとって2作目となるフレグランスは、調香師のセリーヌ・バレルとコラボレーション。発売は9月に予定されている。

— ADの後に記事が続きます —

 「タシット」は、伝統的なコロンの中から見出された爽やかな香りと、地中海沿岸の文化や地形、植物の香りといった2つのキーとなるインスピレーションを元に製作された。名称は「暗黙の」という意味を持ち、香りは言葉で説明するものではなく感じるものという「イソップ」の哲学が反映されている。

 セリーヌ・バレルは「タシット」のために世界各地から原料を厳選し、ハイチ産のベチバーハートやエジプト産のバジルオイルに加えて、エッセンシャルオイルとしては安定供給されていないユズを独自に調合することで再現したユズの香りをブレンド。親しみやすいシトラスノートではじまる、上品なスパイスが効いた温かみのある、贅沢で魅惑的な香りに仕上げている。価格は税込11,800(本体価格11,000円)。

 セリーヌとともに来日したリサーチ&ディベロップメント マネージャーのケイト・フォーブスは「イソップ」の香りについて、「世界には多くのフレグランスが溢れていますが、決してフローラルなものではなく、よりストイックでスパイシーな、スキンケアと通づる独創的な香りを求めています」と話している。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング