Art

鬼才建築家フランク・ゲーリーのアイデアに焦点当てる展覧会 六本木で開催へ

展覧会ポスタービジュアル
Image by: 21_21 DESIGN SIGHT

 「建築家 フランク・ゲーリー展 "I Have an Idea"」が、21_21 DESIGN SIGHTで開催される。世界に衝撃を与えたビルバオ・グッゲンハイム美術館や昨年開館したルイ・ヴィトン財団などを手がけ、半世紀以上にわたりアメリカを代表する建築家として活躍してきたフランク・ゲーリー(Frank Gehry)の「アイデア」に焦点を当てる。会期は10月16日〜2016年2月7日。

 展覧会ディレクターは田根 剛(DGT.)が務め、自身の仕事にも大きな影響を与えたというゲーリーの「アイデアの力」に注目し、建築と人、技術の3つの視点で展示を構成する。会場にはゲーリー建築の外観と内部空間を映像で体感できるプロジェクション・マッピングをはじめ、ひとりの人間としてのゲーリーの姿に触れられる「ゲーリーの部屋」が登場。また、ゲーリーのアイデアとその実現に不可欠なテクノロジーや素材、建設プロセスを紹介する。

 田根 剛は、エストニア国立博物館の設計、東京・新国立競技場基本構想国際デザイン競技のファイナリストに選ばれるなど国内外で評価の高い新進建築家。シチズンがミラノサローネ 2014に出展し、Milano Design Award 2014で史上初の2冠を獲得したインスタレーション「LIGHT is TIME」を、テクニカル・ディレクター遠藤豊(LUFTZUG)とともに手がけたことでも知られる。なお遠藤豊は今回の展覧会で技術監修として携わる。

■建築家 フランク・ゲーリー展 "I Have an Idea"
 会期:2015年10月16日(金)〜2016年2月7日(日)
 休館日:火曜日(11月3日は開館)、年末年始(12月27日〜1月3日)
 開館時間:10:00-19:00(入場は18:30まで)
 公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング