Art

ムーミンのテーマパークが埼玉・宮沢湖に17年オープン 海外初進出

イメージ
イメージ
Image by: フィンテック グローバル

 ムーミンの世界が体験できるテーマパーク「メッツア(Metsa)」が、2017年にオープンすることが発表された。作者トーベ・ヤンソンの故郷フィンランドにある「ムーミンワールド」以外でムーミンをテーマにした施設ができるのは初となり、埼玉県飯能市の宮沢湖を中心とした広大なエリアに開設する。

 フィンランド語で森を意味する「メッツア」は美術館やリゾート、公園、レジャー施設などあらゆる要素が融合した施設として企画。同施設の設立のためにフィンテック グローバル(以下、フィンテック社)とフィンランドのPuuha International Oyが共同出資して2013年11月に立ち上げた株式会社ムーミン物語が事業を運営する。所在地には、ムーミン作品のテーマのひとつでもある「自然との共生」やムーミン谷の世界観を体現するのに適する場所として、雄大な自然が溢れる宮沢湖に決定。面積は東京ドーム4個分にあたる約18万7,000平方メートルで、1960年頃から「レイクサイドパーク宮沢湖」などのレクリエーション施設の整備を行ってきた西武鉄道からフィンテック社が土地を買収する。「森林文化都市」を宣言している飯能市とは6月30日付で「地方創生に関する基本協定」を締結し、飯能市の地域資源を生かした地方創生を推進していく。

 施設はムーミンゾーンとパブリックゾーンの2つで構成。ムーミンゾーンではムーミンの世界観を施設内に反映し、ショップやレストランを展開する。パブリックゾーンでは宮沢湖周辺がジョギングや散策などで親しまれてきたことから、無料で日常的に楽しめる公園としての機能を維持しながらアクティビティなどを計画していくという。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング