Art

気鋭写真家ヴォルフガング・ティルマンスが国内美術館で11年ぶり個展 西日本では初

Sendeschluss / End of Broadcast IV, 2014  Wolfgang Tillmans / Courtesy of Wako Works of Art, Tokyo
Sendeschluss / End of Broadcast IV, 2014 Wolfgang Tillmans / Courtesy of Wako Works of Art, Tokyo

 ドイツ出身の写真家ヴォルフガング・ティルマンスの展覧会が、7月25日から大阪の国立国際美術館で開かれる。日本国内の美術館では11年ぶり、西日本では初の大規模な個展として開催する。会期は9月23日まで。

 

 ベルリンとロンドンを拠点に活動するヴォルフガング・ティルマンスは、雑誌「i-D」や「Interview」で掲載され90年代初頭から注目を集める。日常的な光景を捉えた写真が特徴で、街頭の若者や身近な友人たちのポートレートをはじめ、セクシュアリティーやジェンダーといった今日的なテーマに問いかけた作品を発表している。また、プリントされたメディアに加工を施したものや暗室で作られた抽象作品など「新しいイメージを作り出す」ことにも注力。2000年には現代美術界で権威ある賞とされているイギリスのターナー賞やハッセルブラッド国際写真賞を受賞し、現代写真表現に影響を与える写真家の一人とされている。日本では、2004年に東京オペラシティアートギャラリーで初個展を開いたほか、東京国立近代美術館や京都国立近代美術館、横浜美術館などでのグループ展に出品している。

 今回11年ぶりに日本国内で開催される個展「ヴォルフガング・ティルマンス Your Body is Yours」では、インスタレーション性のある展示手法を採ることでも知られているヴォルフガング・ティルマンスが自ら展示空間をデザイン。日本初公開の作品をはじめ、昨年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展で発表し反響を呼んだ2台のプロジェクションによる映像インスタレーションなど約200点を展示し、これまで出版した写真集も並べられる。また、自身が継続して行っているプロジェクト「Truth Study Center」の日本版を発表する予定だ。

■ヴォルフガング・ティルマンス Your Body is Yours
会期:2015年7月25日(土)〜9月23日(水・祝)
会場:国立国際美術館 地下2階展示室(〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55)
開館時間:10:00 - 17:00 ※金曜日は19:00まで(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(ただし、9月21日(月・祝)は開館)
観覧料 個人:一般 900円 大学生 500円
    団体:一般 600円 大学生 250円 ※20名以上
※高校生以下・18歳未満、心身に障害のある方とその付添者1名無料(証明書持参)

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング