Art

渋谷のものづくりカフェ「FabCafe」がリニューアル Pepperによる接客も

イメージ Image by ロフトワーク
イメージ
Image by: ロフトワーク

 ロフトワークが運営する「FabCafe Tokyo」が8月5日、リニューアルオープンする。店舗面積を約2倍に拡大し、新メニューやUVプリンターを導入。新クルーにはパーソナルロボット「ペッパー(Pepper)」を採用し、サービスを充実させる。リニューアルに伴い、7月17日から8月4日までは改装工事のため閉店する。

— ADの後に記事が続きます —

 「FabCafe Tokyo」はスペシャルティコーヒーとデジタル工作の両方を楽しめるものづくりカフェとして、2012年3月に渋谷で開業。ロフトワークとクリエイティブディレクター福田敏也がプロデュースを手掛け、月間約4,000人が訪れる人気カフェに成長している。日本だけではなく、台北をはじめスペインのバルセロナやシッチェス、バンコクにも店を構え、グローバル展開が行われている。

 リニューアル後の店舗は、既存の約90平方メートルから約175平方メートルに拡張。コンセプトは「FOOD×Fab」で、新フロアの中央に大きなキッチンが新設されるほかフード専用マシンとして知られるトロテック・レーザーカッター「Speedy 100」が置かれる。メインメニューは旬の野菜12種類を組み合わせ、トッピングやドレッシングでカスタマイズする「FAB SALAD」を提案。ストウブ料理や自家製料理もラインナップされる。新しく導入されるUVプリントのサービス利用料は45分4,000円で、アクリルキューブに写真などを印刷できるパッケージも提供。このほか、65インチのマルチディスプレイウォールや事前予約制のサポートカウンター、国産材の家具を配置する新スペースを配置する計画だ。

■FabCafe Tokyo
営業時間・定休日:
月曜 – 土曜 10:00 – 22:00
日・祝 10:00 – 20:00(不定休)
電話番号:03-6416-9190
Webサイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング