Art

草間彌生の浮世絵が一般公開へ「わたしの富士山」展開催

草間彌生の制作風景
草間彌生の制作風景
Image by: アダチ伝統木版画技術保存財団

 前衛芸術家の草間彌生が手掛けた浮世絵版画を展示する「わたしの富士山」展が、アダチ伝統木版画技術保存財団 常設展示場で開かれる。「富士山」をテーマに作られた浮世絵版画3図9点を初めて一般公開する。会期は7月30日から8月9日まで。

 「わたしの富士山」展では、今年の元旦にNHK BSプレミアムでも放送され好評を博したという「現代の浮世絵版画」を展示。背景には草間彌生のトレードマークでもある水玉およそ1万4,685個が描かれたといい、制作協力したアダチ版画研究所の彫師と摺師が作った版木や制作工程とともに作品を紹介する。同財団の理事長 安達以乍牟は「草間彌生さんに絵師として日本の象徴・富士を描いていただけたことは、伝統木版技術の継承にとって大変貴重な機会であると共に、この技術の魅力を日本から世界へ発信することのできるまたとない機会と感謝いたしております。」とコメントを発表している。

■前衛芸術家・草間彌生が日本伝統の浮世絵版画に挑戦!「わたしの富士山」展
会期:2015年7月30日(木)〜8月9日(日)
休館日:月曜日、8月3日(月)
時間:午前10時~午後6時(土・日 午後5時まで)
場所:(公財)アダチ伝統木版画技術保存財団 常設展示場
   東京都新宿区下落合 3-13-17
   TEL. 03-3951-1267 FAX. 03-3951-2137
入場料:無料

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング