Art

東京五輪のエンブレムデザインに盗作疑惑 ベルギー劇場ロゴがモチーフではと海外からも指摘

Update:

【続報】東京五輪のエンブレム騒動について国内デザイン関係者がコメント。批判的風潮や煽り報道を指摘する声も。

劇場のロゴを手がけたとされるデザイン事務所のFacebook投稿より
劇場のロゴを手がけたとされるデザイン事務所のFacebook投稿より

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が24日に発表したオリンピック大会のエンブレムデザインに対して、盗作を疑う論争がネットで起こっている。ベルギーの劇場「Théâtre de Liège」のロゴと並んだ画像が拡散されており、同劇場のロゴデザインを担当したとみられる事務所も公式Facebookに「フォントが同じだ」と指摘する文章と写真を投稿している。

 

 アートディレクターの佐野研二郎氏が手掛けたオリンピックエンブレムは、「TOKYO」「TEAM」「TOMORROW」の頭文字「T」をイメージしており、「円」はすべてを包みひとつになった世界、「赤」はひとりひとりの赤いハートの鼓動を表現し、「和の力の象徴」としてデザインしたという。一方、「Théâtre de Liège」のロゴはデザイン事務所Studio Debieが2013年に提供したもののようで、公式ホームページではデザインプロセスも公開されている。

 Twitterでは両デザインを見比べた人たちが、「似てる」などと感想を投稿。「別物だろ」と擁護する意見も挙がっており、SNS上で議論を起こしている。なお現在、佐野氏が代表を務めるMR_DESIGNのTwitter、Facebookページともに閲覧できない状態になっている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング