Art

リビタが「シェア型複合ホテル」全国に拡大へ 第1弾は金沢

(仮称)金沢橋場町シェア型複合ホテルPJ対岸から・金沢エリアイメージ・場のイメージ(当社他事業の事例より)
Image by: リビタ

 リビタが、地域活性化を目指す「シェア型複合ホテル」プロジェクトを立ち上げた。全国各地の老朽化した遊休不動産をリノベーションし、宿泊施設や飲食店、シェアスペース、店舗などを取り入れるというもの。まずは金沢の老朽化したオフィスビル2棟の再生、企画・プロデュースから運営事業までを手がけ、2016年春から夏にかけて開業を予定する。

 地域に根差したプレイヤーの参画を募り、 協同する形でプロジェクトの実現を進めるという今回のプロジェクトの事業コンセプトは「日本の未来が宿る場。をつくる」。地域内外の多様な人々が集まり交流する活動拠点やシェアスペースになるように、今までの宿泊施設にはなかった新しい価値観を提供していく。

 日本の未来は地域(ローカル)にこそ宿るという考えのもと、第1弾は、金沢市の主要な観光スポットになっているひがし茶屋街や21世紀美術館を徒歩圏内とする2ヶ所の物件を取得。今後は3大都市圏のエリアを含めながら、京都や函館、岡山など全国の地方都市を含む年間2〜3棟の事業化を進める計画だ。

■(仮称)金沢橋場町シェア型複合ホテル
 所在地:石川県金沢市橋場町116
 構造:鉄筋コンクリート造陸屋根/地下1階地上4階建
 建築年月:1966年(築49年)
 延床面積:933.30m2 (282.32坪)
 建築面積:231.00m2 (69.88坪)
 用途予定:宿泊施設、 付帯施設として飲食店、シェアスペース、 店舗併設
 開業予定:2016年春

■(仮称)金沢上堤町シェア型複合ホテル
 所在地:石川県金沢市上堤町2-40
 構造:鉄筋コンクリート造/地上8階建
 建築年月:1972年4月(築43年)
 延床面積:2,835.00m2 (857.59坪)
 建築面積:435.60m2 (131.77坪)
 用途予定:宿泊施設、 付帯施設として飲食店、シェアスペース、 店舗併設
 開業予定:2016年春から夏にかけて

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング