World

スケッチャーズが米で好調、成長の要因はアスレジャー需要

ブランドロゴ Image by SKECHERS
ブランドロゴ
Image by: SKECHERS

 フットウェアブランドの「スケッチャーズ(SKECHERS)」がアメリカ市場で好調だ。第2四半期報告書によると売上高は8億ドル(約990億円)で前年比36.4%増となり専門家の予想を上回る結果となった。

— ADの後に記事が続きます —

 NPDグループが今年5月に発表した調査によると、米スポーツフットウェア市場において「スケッチャーズ」は「ナイキ(NIKE)」に次ぐ2位のシェアに成長。スケッチャーズ社CEOのロバート・グリーンバーグ(Robert Greenberg)は、「23年間の会社の歴史の中で今が最もエキサイティングな時」とブランドの業績が上向きであることを強調し、「2016年もこの好調を維持していくだろう」とコメントしている。

 NPDの専門家によると、「スケッチャーズ」の売上がここまで好調なのは、ブランドが「ウォーキングシューズのラインナップに注力」をしてきたことが要因といい、昨今のアスレチックとレジャーを組み合わせた"アスレジャー"スタイルのトレンドを背景に「目的重視の運動靴よりも見た目がスポーティーに見えるシューズを好んで購入するという消費者の需要にブランドがうまくフィットした」と分析。実際、「スケッチャーズ」はウォーキングシューズ単体で見ると全米1位のシェアを誇るという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング