Art

東京五輪エンブレム取り下げを申し出た佐野研二郎、プライバシー侵害に「限界」

佐野研二郎の公式サイト トップページより
佐野研二郎の公式サイト トップページより

 使用中止が決定した2020年東京オリンピックのエンブレムについて、デザイナーの佐野研二郎氏が9月1日、公式サイトでコメントを発表した。決定後のエンブレムを取り下げる異例の事態に大会組織委員会や審査委員会、関係者に謝罪した上で「模倣や盗作は断じてしていないことを、誓って申し上げます」と疑惑を改めて否定。一方で、連日のメディアによる過度な取材やメールアドレスの悪用などプライバシー侵害ともいえる状況に対して「限界」と心境を吐露している。

 

 佐野氏が手掛けたエンブレムの取り下げは、同日の調整会議で決定。訴訟の発生など「デザインの問題」や「国民に愛されない」といった点から佐野氏自らが使用の中止を申し出たという。7月24日の発表以来騒動に発展した盗作疑惑については「原案に関しても、最終案に関しても、あってはならないし、絶対に許されないことと今でも思っております」と再度否定。エンブレム以外で指摘された複写問題については不手際を認め、改めて謝罪している。

 一方で、佐野氏が手掛けた全ての作品が模倣だというイメージが浸透しただけではなく、自身が手がけた作品以外のデザインも「佐野研二郎の盗作作品」として紹介されるなど、事実確認をしていない断片的な報道もあったという。現在も自宅や実家、事務所に連日メディアが押しかけているほか、誹謗中傷のメール、個人のメールアドレスの悪用、さらに家族や無関係の親族の写真もネット上にさらされるなどのプライバシー侵害が発生しているといい、この異常な状況について「コンペに参加した当時の自分の思いとは、全く別の方向に向かっている。もうこれ以上は、人間として耐えられない限界状況」と打ち明けた。エンブレムの取り下げはデザイン面の問題だけではなく「批判やバッシングから、家族やスタッフを守るため」に決断。今後は引き続きデザイン業に邁進するという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング