Fumitoshi Goto

YouTube再生回数上位を占める「アンボクシング」とは?

激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ

在米28年のアメリカン流通コンサルタント

フォローする:

■YouTubeの視聴回数で常に上位を占めるジャンルをご存じだろうか?新製品や新商品などを開封してレビューする「アンボクシング(Unboxing)」だ。YouTubeは「箱からだす」という意味のアンボクシング・ビデオの視聴回数が昨年、60%近くも上昇したと発表した。アンボクシング・ビデオのアップロードも前年比で50%以上も増加しているという。YouTubeに投稿して広告費を稼ぐユーチューバーで昨年、最も稼いだとされているのが「おもしろ玩具コレクター(FunToyzCollector:以前はDC Toys Collectorだった)」だ。ディズニー玩具のアンボクシング・ビデオを毎日投稿しているこの女性は昨年だけで490万ドルの収入があったと見積もられている(ビデオ分析プラットフォームのオープン・スレート調査)。おもしろ玩具コレクターは2012年の開設からわずか3年でチャンネル登録者数が520万人、動画総視聴回数は78億回に達している。昨年7月にアップロードされた「粘土でつくるドレス(Play Doh Sparkle Princess Ariel Elsa Anna Disney Frozen MagiClip Glitter Glider Magic Clip Dolls)」の視聴回数は18ヶ月で3億回以上となっている。ディズニーのおもちゃを開封してレビューするだけで大金を稼げるので、子供から大人までアンボクシング・ビデオをアップすることに夢中になるのだ。

このアンボクシング・ビデオがさらに増える事態となっている。映画スター・ウォーズ・シリーズの最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒(Star Wars: The Force Awakens)」で、関連グッズの発売が4日に解禁されたのだ。スター・ウォーズ・シリーズは歴代最高クラスの興収を誇ってきただけに、関連玩具のアンボクシング・ビデオも急激に増えると予想されている。アンボクシングビデオのレビューで年末商戦中の玩具の売れ行きも変わってくる。これまでの広告媒体に頼ったマーケティングでは時代遅れということになるのだ。

トップ動画:昨年7月にアップロードされた「粘土でつくるドレス(Play Doh Sparkle Princess Ariel Elsa Anna Disney Frozen MagiClip Glitter Glider Magic Clip Dolls)」の視聴回数は18ヶ月で3億回以上となっている。「おもしろ玩具コレクター(FunToyzCollector」のチャンネル登録者数が520万人、動画総視聴回数は78億回に達している。玩具業界に大きな影響をもつおもしろ玩具コレクターもアンボクシング!?

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。コメディアンのジミー・キンメルが司会を務めるABC局のトーク番組「ジミー・キンメル・ライブ」で、YouTubeのアンボクシング・ビデオのパロディーをやっていました。ボクシングをしないという意味のアンボクシングで元世界ヘビー級チャンピオンのマイク・タイソンを起用し、「ストロベリー・ショートケーキ」人形を開封させるというものです。タイソンが人気ユーチューバーの「面白玩具コレクター(FunToyzCollector)」のように優しく声をかけながら、箱をボロボロにして開封する、ふざけた動画です。パロディが作られるのはそれだけYouTubeでアンボクシング・ビデオが人気だということなんですね。それにしても、面白玩具コレクターは凄いですねぇ。ディズニー玩具のビデオレビュー投稿で年間6億円近くも稼いでいるのです。で、もっと衝撃的な事実があります。推定所得6億円のユーチューバーは身元を明かしていませんが、タブロイド紙のデイリーメールの取材によると、この方は元AV女優!だったようです。

⇒不動産記録や親しい友人、近所の証言、さらにはAV出演時の声質から同一人物としているのです(本当かどうかわかりませんが)。いわゆる「情報の透明化」でユーチューバー自身もアンボクシングされているのです。子供たちにディズニー玩具を紹介するユーチューバーが元AV女優だったとしても、悪いことをしていたわけではないので問題はありませんが...閑話休題。視聴回数が78億回以上ということは、玩具市場に対する影響力もかなり大きいということがうかがえます。当ブログで以前、紹介したのは子供が玩具を紹介する動画。チャンネル登録者数が200万近くとなっている「エヴァン・チューブHD(Evan TubeHD)」のエヴァン君も推定年収が1億円以上と見られています。子供が玩具を紹介すると他の子供も欲しがるのでしょう。そのエヴァン君、ディズニー傘下のABC局のニュース番組で映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」関連の人気玩具を紹介していました。大人が紹介するより、ユーチューバー・スーパーキッズが紹介するほうが売れるからなのでしょう。
日本でもある意味、アンボクシングが流行りだしていますね。といっても東京五輪のエンブレムをデザインしたデザイナーの作品ですが...一番のアンボクシングは責任の所在なんですけど。

ディズニー傘下のABC局のニュース番組で映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」関連の人気玩具を紹介するエヴァン君。推定年収は1億円以上となるユーチューバー・スーパーキッズだ。エヴァン君がイチオシするラジコンロボットの「BB-8」は年末商戦で人気になりそうだ。

後藤文俊

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング