Art

毎月届くのはグラス3杯分、アメリカでワインの定期便サービス始動

動画より
動画より

 アメリカでワインのテイスティングができる定期便サービス「VINEBOX」が始動する。特許を取得したという特別な技術で瓶詰めされた100mlの小瓶3本がボックスに梱包され自宅に届くという仕組みで、従来の「本単位」のワイン定期便とは異なった新しいタイプのサービスを提供する。

— ADの後に記事が続きます —

 「VINEBOX」は元弁護士の男女2人が立ち上げたベンチャー企業で、同社が開発した瓶詰め技術により、酸化を防ぎ新鮮な状態での配送を実現。これにより3年間、風味が失われることなくワインを楽しむことができるという。毎月届けられるボックスには、ソムリエなど専門家が世界中の小中規模ワインヤードから厳選した直送ワインと各ワインの説明書きが同封される。定期購入者は会員専用サイトにアクセスし、テイスティングしたワインのログをつけたり他の会員との情報共有ができるほか、気に入ったワインをボトルで注文することも可能だ。

 サービス開始は来年の1月からで、1ヶ月(36ドル)・3ヶ月(102ドル)・12ヶ月(384ドル)のコースから選択ができ、公式サイトでは10月1日からプレオーダーを受け付ける。現在のところ、アメリカの11州のみでのサービス運用を予定する。

VINEBOX

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング