Fumitoshi Goto

拡大するハロウィン市場、次のターゲットはペット?

激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ

在米28年のアメリカン流通コンサルタント

フォローする:

■10月31日はハロウィンだ。アメリカではクリスマスに次いで子供達に人気のお祭りイベントとなっている。日本でもハロウィンは年々拡大しており、日本記念日協会によると、今年は前年比約11%増となる1,220億円の市場規模を見込んでいる。2011年の560億円から4年で2倍以上の急成長となっており、今や約1,080億円と推計されるバレンタインの市場規模を上回っているのだ。全米小売業協会(NRF)によると、アメリカのハロウィン市場規模は今年、69億ドル(約8,280億円)と予想している。コスチューム以外にも子供たちに渡すハロウィン用キャンディや自宅のハロウィン装飾、にも支出するため、市場規模が大きくなるのだ。ハロウィン市場で急成長しているセグメントがある。ペットコスプレだ。NRFの9月に行った調査では、約2,000万人のペットオーナーがハロウィンでペットを仮装させるとしている。ハロウィンでのペットコスチーム市場は3.5億ドル(約420億円)にも上り、約11%が犬や猫にパンプキンやバットマンのコスプレをさせるとしているのだ。特に若い層はペットコスプレをする傾向が高く、20代~30代となるミレニアム層では5人に一人の割合となる。ペット用品チェーン最大手のペットスマートでは250種類以上のコスチュームをお店で販売しており、オークションサイトのイーベイでは21日、ペットコスチュームが150万件も出品されていたのだ。コスチューム・スーパーセンター(Costume SuperCenter)によると、ペットコスチュームは過去3年間、毎年2倍で成長しており今後もこの傾向は続くとみている。ペットオーナーはペットコスチュームに惜しみなくお金を使う。
日本でも今後、ハロウィンでのペットコスプレが大きな成長市場として注目されるだろう。

トップ画像:怪盗グルーの大人気キャラクター「ミニオンズ」にコスプレしたダックスフンド。ダックスフントの足の短さがちょうどよく、キャラクターに似た可愛い動きで笑える動画となっている。
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。ビジネスマンなら日本のハロウィンの異常な盛り上がりを嘲笑しスルーしてはいけません。バレンタインの市場規模を上回ったハロウィンについて、次に来るマーケットトレンドの仮説を立てるのです。日本より3年~5年先をいくアメリカではペットコスプレの人気が急上昇していることから、日本にもこの潮流が近い将来起こると予測しています。理由は七つ。第一に「可愛いは正義」であること。二つ目にペットならハロウィン以外でも日常的にコスプレが可能であること。第三にペットコスプレはイベント化しやすい。四つ目としてインスタグラムやピンタレストなどのSNSでペットコスプレ画像・動画を世界の人に共有・共感できること。第五に日本人の手先の器用さ職人的なこだわり、応用力がペットコスプレに生かされやすいこと。第六にペット支出は天井知らずであること。最後にコスチューム提供側にとって、人のコスチュームより利益率が高いことが挙げられます。

⇒渋谷等に繰り出すコスプレ・パーリーピーポーは可愛くないですが、ペットコスプレにハズレはありません。英語にもなっているkawaiiは正義。ペットコスプレの可愛さを誰も批判・否定はできないものです。ハロウィンに限らずペットなら、いつでもコスプレが可能です。ハロウィンが終わるといよいよ寒くなっていきます。ペットに何かしら着せる需要もすぐには落ちないのですね。しかもペットコスプレはイベントしやすい要素があります。ペットオーナーが集まる小規模なパーティから、モールなどでのペットコスプレ・コンテストも可能でしょう。ペットオーナーなら自慢の子のコスプレ画像を世界の人に共有したいものです。それが呼び水となって「ウチの子も」とペットコスプレは伝播しやすくなります。さらに日本人は手先が器用であり、工夫を凝らすことを得意としています。ペット用のコスチュームを購入しても、そこで満足せずワンポイントで可愛く演出したりします。つまりコスプレ用のアクセサリーも売りやすいのです。

⇒ペットオーナーはペット支出について財布のひもが緩いです。自分のワードローブよりペットを優先する人も少なくありません。ペットオーナーのクロゼットにペット用のコスチュームが増えていっても不思議ではありません。またペットコスプレで使われる布生地は、人のコスプレの10分の1ぐらいです。それでもペットコスプレ価格は人のコスプレの2分の1ぐらいの価格で販売できるのです。つまりペットのコスチュームは原価がかからず、単価が高いので必然的に利益率が高くなるのです。ビジネスをする側から見れば美味しい市場です。それに日本は室内で飼う小型犬が多いのでサイズもバリエーションを広くしなくてもすみます。自分がコスプレしたり、その画像を共有することには抵抗があるものです。でもペットならある意味やりたい放題にできます。我が子の可愛さにペットオーナーが喜べば、ペットも嬉しく駆け回ります。そのしゃぎぶりにペットオーナーもさらに喜ぶと...
渋谷に繰り出す仮装パーリーピーポーにもペット同伴が増えてきますね。ペットからすれば迷惑でしょうが。

後藤文俊

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング