Media

ファッション&ビューティ誌「チョキチョキガールズ」がメンズ版に続いて休刊

 ファッション&ビューティマガジン「チョキチョキガールズ(CHOKi CHOKi GiRLS)」が、12月28日発売の2月号をもって休刊することを発表した。ウェブサイトやTwitterは継続するという。

 内外出版社が発行する「チョキチョキガールズ」は、メンズヘア&ファッション誌「チョキチョキ(CHOKi CHOKi)」の女性版として2009年9月に創刊。当初はヘア&ビューティマガジンとして展開していたが、現在は女子高生を中心としたティーン世代に向けてファッションやビューティの情報を幅広く発信している。2011年11月号から月刊化し、2013年10月号ではサイズや内容を大幅にリニューアル。これまでにきゃりーぱみゅぱみゅやAMIAYA、三戸なつめなどが表紙を飾り、現在は横田ひかるや荻野可鈴らが専属モデルとして活動している。

 休刊は2月号の誌面で発表。今後は「『チョキチョキガールズ』というブランドを軸にして、日本の女子高生たちに雑誌でしか味わえない"ワクワク感"を届けられるような機会を積極的に作っていきたいと思っています」という。同号では、休刊をもって同誌から"卒業"する専属モデルからの最後のメッセージも掲載されている。なお、メンズ版の「チョキチョキ」も今年7月号で休刊している。

>>【2015年版】チョキチョキの休刊も、ファッション出版業界の出来事まとめ

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング