Art

梨花が手がける「メゾン ド リーファー」2016年のバレンタインはボンボンショコラを発売

パッケージ Image by MAISON DE REEFUR
パッケージ
Image by: MAISON DE REEFUR

 モデルの梨花がディレクションする「メゾン ド リーファーメゾンドリーファー(MAISON DE REEFUR)」と三木陽平がオーナーシェフを務める「デカダンス ドゥ ショコラ(Decadence du Chocolat)」がコラボレーションし、バレンタインショコラを1月29日に発売する。9個入りと4個入りの2サイズを揃え、メゾン ド リーファー代官山店とオンラインストアで取り扱われる。

 デカダンス ドゥ ショコラはカカオ豆の産地や品質を徹底し、スパイスとチョコレートの香りが豊かなガナッシュを手作りするショコラブランド。今回のコラボレーションは、 メゾン ド リーファーが持つジャパニーズモダンの要素を取り入れ、海外のショコラにはない繊細な味わいを実現させた。フリーズドライのいちごがアクセントになった「ココフレーズ」や、 バニラとキルシュの香りが楽しめる「ガナッシュ ブランシュ」など、 メゾン ド リーファーが特別にセレクトしたボンボンショコラをラインナップし、パッケージのグラフィックは、ロンドンを拠点に活動するスペイン人アーティスト「アナ モンティエル(Ana Montiel)」が制作。価格は9個入りが3,500円で、4個入りが1,800円(いずれも税別)。

公式サイト

昨年のバレンタイン:2015年バレンタインはCACAO SAMPAKAとコラボ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング