グルーヴィジョンズが手がけたメインヴィジュアル
Image by: 六本木アートナイト実行委員会

Art

2016年の「六本木アートナイト」は秋に開催 会期は3日間

Update:

【8/5】今回のテーマは「六本木、アートのプレイグラウンド~回る、走る、やってみる。~」。メインプログラムのアーティストには現代美術家の名和晃平を起用。また、グルーヴィジョンズ(groovisions)がデザインしたメインヴィジュアルを公開した。

グルーヴィジョンズが手がけたメインヴィジュアル
グルーヴィジョンズが手がけたメインヴィジュアル
Image by: 六本木アートナイト実行委員会

 「六本木アートナイト 2016」が、10月21日~23日に開催されることが決まった。これまでは春に開催してきたが、今年は秋に季節を移し、更に日程を1日延長して3日間にわたって実施される。

 

 2009年3月に一夜限りのアートの饗宴としてスタートし、8年目の開催を迎える「六本木アートナイト 2016」は今年、東京五輪等を見据えたキックオフイベントとなる国際会議「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」の会期に合わせて秋に開催。生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルの提案と、大都市東京における街づくりの先駆的なモデル創出を目的として、様々な商業・文化施設が集積する六本木の街なかを舞台に、現代アートからデザインや音楽、映像、パフォーマンスまで多様な作品を点在させる予定だ。

■六本木アートナイト2016 開催概要(予定)
日時:2016年10月21日(金)~10月23日(日)
場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料:無料(但し、一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング