Beauty

治療法の開発も、東京医科歯科大が加齢による薄毛・脱毛の原因を初めて解明

 東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の松村寛行助教、毛利泰彰特任助教、西村栄美教授らの研究グループが、加齢による薄毛・脱毛の仕組みを明らかにした。薄毛・脱毛の原因の解明は今回が初めての事例で、XVII型コラーゲンが分解されて減少すると毛包が小さくなるという研究結果を発表。研究成果は国際科学誌「Science」の2月5日号で発表されている。

 同研究グループは、加齢に伴う薄毛や脱毛の原因が、幹細胞が老化して維持できなくなりフケ・垢とともに皮膚表面から脱落していくことによるもので、その結果、毛を生やす小器官が段階的に矮小化するため薄毛・脱毛が引き起こされることをつきとめた。加齢による薄毛脱毛の原因として、幹細胞を中心とした毛包の老化プログラムの存在が明らかとなり、加齢によるXVII型コラーゲンの枯渇を抑制することによって脱毛に効果があることを示したことから、今後脱毛症の治療法の開発やその他の加齢関連疾患の治療へと繋がることが期待される。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング