宇宙と人間の関係に迫る「宇宙と芸術展」チームラボの新作などを公開

チームラボ《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点―Light in Dark》 2014年 / 展示風景:「チームラボ踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」未来科学未来館、2014年 *参考作品チームラボ《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点―Light in Dark》 2014年 / 展示風景:「チームラボ踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」未来科学未来館、2014年 *参考作品
チームラボ《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点―Light in Dark》 2014年 / 展示風景:「チームラボ踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」未来科学未来館、2014年 *参考作品

 展覧会「宇宙と芸術展」が7月30日から2017年1月9日までの期間、森美術館で開催される。隕石や化石といった歴史的な天文学資料から、チームラボなど現代アーティストによるインスタレーション、宇宙開発の最前線に至るまで、多様な出展物約150点を一挙公開する。

 「宇宙と芸術展」では、古来より人間の関心事であり、信仰と研究の対象である宇宙との関係に焦点を当て、未来に向けた新しい宇宙観や人間観を提示する。会場は4つのセクションで構成し、セクション1では日本初公開となるレオナルド・ダ・ヴィンチの天文学に関する手稿をはじめ、ガリレオ・ガリレイやプトレマイオスの古書、曼荼羅図、そして日本最古のSF小説ともいえる「竹取物語」の絵巻といった貴重な資料を通じて「人は宇宙をどう見てきたか?」を紹介。セクション2では、ヴィヤ・セルミンスやビョーン・ダーレム、ヴォルフガング・ティルマンスらがブラックホールや宇宙空間から着想した現代美術の作品を公開。セクション3は、ローラン・グラッソや空山基杉本博司らの作品で宇宙人像や遺伝子工学、A.I.技術などに迫り、最後を締めくくるセクション4では「宇宙旅行と人間の未来」をテーマにチームラボの新作インスタレーションなどを展示する。

■宇宙と芸術展
企画:南條史生(森美術館館長)、 椿 玲子(森美術館アソシエイト・キュレーター)
会期:2016年7月30日(土) - 2017年1月9日(月・祝)
会場:森美術館
   東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F
開館時間:10:00〜22:00 (火)10:00〜17:00
※いずれも入館時間は閉館時間の30分前まで ※会期中無休
入館料:未定

森美術館ウェブサイト