Art

隈研吾らが設計、大阪ミナミ新歌舞伎座跡地に新ランドマークが誕生

完成予想図
Image by: ベルコ

 冠婚葬祭大手のベルコが、大阪ミナミの新歌舞伎座跡地に「(仮称)ホテルロイヤルクラシック大阪」を建設する計画を発表した。設計デザインを手がけるのは、隈研吾氏が率いる建築都市設計事務所。2016年6月に着工し、2019年10月の開業を予定している。

 地下鉄難波駅に直結する同ホテルの延床面積は約26,500平方メートルで、地下1階から地上19階までの20フロアで構成。低層部はこれまでの新歌舞伎座のファサードと屋根の一部を継承したデザインで、高層部はアルミルーバーを複数枚重ねた繊細でダイナミックなファサードデザインに仕上げるという。ホテル内部には計150室の客室をはじめ、レストランやラウンジ、5つのバンケットを配置するほか、ブライダルにも対応できるように2つのチャペル、フォトスタジオ、ブライダルサロンを設ける。

 今回初めて大都市型ホテルを手がけるベルコは、「ブライダル事業で長年培ったノウハウを集結し、最高のサービスとおもてなしを演出します。また、急務となっている大阪のインバウンド対策の一助となればと考えています」とコメントしている。

■建設概要
位置:大阪市中央区難波4丁目59-1(住居表示:大阪市中央区難波4丁目3番25)
敷地面積:2,242.12平方メートル
述床面積:26,492.17平方メートル
階数:地下1階、地上19階、塔屋1階
フロア構成:
【地下1階】ロビー、テナント、機械式駐車場
【1階】エントランスロビー、テナント、カフェ
【2階】レストラン、ラウンジ
【3階】バンケット①、バンケット②
【4階】事務室
【5階】ウェイティングルーム
【6階】チャペル、フォトスタジオ
【7階】バンケット③
【8階】バンケット④
【9階】バンケット⑤
【10階】ブライダルサロン
【11階】ホテルラウンジ、ホテルレセプション、レストラン
【12-18階】客室
【19階】チャペル、アトリウム、バーラウンジ、パーティールーム
駐車台数:平面駐車場2台、機械駐車84台
ホテル施設:
【客室】150室<ダブル(約30㎡)126室、ツイン(約25㎡)15室、スイート(約80㎡)9室>
【宴会部門】5バンケット、2チャペル
【料飲施設】2レストラン、バーラウンジ、パーティールーム
設計:隈研吾建築都市設計事務所 
工事施工:鹿島建設株式会社関西支店

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング