Art

都築響一による「ジャパニーズ・エロ」の展覧会、秘宝館コレクションやラブホ写真など公開

Update:

【7/28】好評につき、8月7日(日)18時まで会期を延長。

(C) 都築響一 秘宝館(C) 都築響一 秘宝館
(C) 都築響一 秘宝館

 編集者や写真家として活動する都築響一が、エロをテーマにした展覧会「『神は局部に宿る』都築響一 presents エロトピア・ジャパン展」(以下、エロトピア・ジャパン展)を渋谷松濤のアートスペース アツコバルー arts drinks talkで開催する。入場料は1,000円で、会期は6月11日から7月31日まで。

 エロトピア・ジャパン展では、都築響一が集めてきたSF秘宝館コレクションをはじめ、ラブホテルやイメージクラブの写真、オリエント工業のラブドールなどを展示。これらの日本で氾濫する性的イメージにデザインやアートを語る人々は顔を背けてきたというが、都築響一は「美術館を飾るアーティストの作品よりもクリエイティビティの純度を感じさせる」とし、ジャパニーズ・エロのオムニバス的展覧会と位置付けて作品を公開する。6月16日と7月16日はギャラリートークが開催される。

■『神は局部に宿る』都築響一 presents エロトピア・ジャパン展
開催期間:2016年6月11日(土)-7月31日(日)
     水-土 14:00-21:00
     日&月 11:00-18:00
     火曜定休
入場料:1000円
※性的な表現が含まれておりますので、予めご了承の上ご来場ください

■都築響一によるギャラリートーク(要予約)
開催日時:6月16日(水) ・7月16日(土)
     各回 19:00~21:00
参加無料(入場料1,000円とは別途)

予約:ab@l-amusee.com / 03-6427-8048
   ※名前・人数・希望日・電話番号を明記

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング