Art

現代アーティスト森万里子がリオ五輪で新作発表

森万里子の代表作品「WAVE UFO」1999 - 2002年/2005年、ベニスビエンナーレでの展示風景
森万里子の代表作品「WAVE UFO」1999 - 2002年/2005年、ベニスビエンナーレでの展示風景

 現代アーティストの森万里子の新作「Ring:One with Nature」が、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催されるオリンピック・パラリンピック競技大会(以下、リオ五輪)の公式文化プログラムに参加する。

— ADの後に記事が続きます —

 森万里子は、2005年に「ヴェネツィア・ビエンナーレ」で発表したインタラクティブ・インスタレーション「WAVE UFO」が高く評価され、同作にフィーチャーした個展「Oneness」が世界各国の美術館を巡回。2011年にはリオ・デ・ジャネイロのブラジル銀行文化センターでも開かれ、同年の世界最多入場者数53万8,328人を記録した。その後も国内外で個展を開き、エスパス ルイ・ヴィトン東京では初の日本人アーティストによる単独展として2013年に開催。森万里子が手がけた作品は、グッゲンハイム美術館やニューヨーク近代美術館、ポンピドゥー・センター、ルイ・ヴィトン財団、プラダ財団、資生堂、ベネッセアートサイト直島といった国内外の美術館に所蔵されている。

 リオ五輪の公式文化プログラムで発表される新作「Ring:One with Nature」は、大会終了後も恒久的に設置される予定。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング