Art

世界のアート本が集まる「THE TOKYO ART BOOK FAIR」今秋開催 ブラジルの出版文化を特集

Image by: Gottingham / Markus Jans

 アート出版に特化したブックフェア「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016」が、今年秋に京都造形芸術大学と東北芸術工科大学 外苑キャンパスで開催されることが決定した。入場料は無料で、会期は9月16日から9月19日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 「THE TOKYO ART BOOK FAIR 」は、日本初のアートブックフェアとして2009年にスタート。ZINEを制作する出版社やギャラリー、アーティストなど国内外から約300名が参加し、アートブックやカタログ、アーティストブックなどが集まる。毎年ひとつの国をピックアップし、その国の出版事情や文化を包括的に紹介する企画「ゲストカントリー(Guest Country)」では、今年はブラジルをフィーチャー。ブラジルのアートブックフェア「Feira Plana」のオーガナイザーや出版社、アーティストが招待され、ブラジルの出版文化を様々な切り口で紹介する。

 また、ドイツの出版社Steidlと共にブックアワード「Steidl Japanese Photobook Award 2016」を新設。プロ・アマチュア問わず日本を拠点に活動する写真家やアーティストは誰でも参加でき、グランプリ作品はSteidl社から出版される。

■THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016
会期:2016年9月16日~19日
会場:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス
住所:東京都港区北青山1-7-15
入場料:無料
公式サイト 出展申込みフォーム

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング