Art

衣装デザイナー大門真優子が個展を初開催 テーマは海

Image by: 大門真優子

 衣装デザイナーの大門真優子が、自身初となる個展「MUSEUM」を代官山のギャラリースピークフォー(GALLERY SPEAK FOR)で開催する。会期は6月10日から22日まで。

 

 大門真優子は1991年生まれ。文化学園大学で映画・舞台衣装デザインを専攻し、在学中にユニクロカスタマイズデザインアワードでグランプリを受賞した。ニューヨーク州立ファッション工科大学では1年間オートクチュール技術を学び、2012年に大学を卒業後、アーティストや衣装デザイナーとして活動を開始。森川葵菅田将輝といった俳優やアーティスト、ミュージシャンたちの写真集や雑誌連載、ライブなどで衣装デザインと制作を手がけている。

 初の個展となる今回は、2年前に初めて海に潜った時の体験から着想し、海をテーマにしたシリーズで構成。古来からファンタジーの源泉となってきた海面下の世界をイメージして制作したというフォトアクリル加工された大小のプリント作品約30点を展示販売する。このほか、大門真優子が手がけたアクセサリーや衣服、トートバッグやコインケースなどがそろう予定。初日はファッションジャーナリストのミーシャ・ジャネットを迎えてギャラリートークを開催する。

■大門真優子MUSEUM
会期:2016年6月10日(金)- 22日(水)
   11:00-19:00 毎週木曜休 ※最終日のみ18時まで
会場:GALLERY SPEAK FOR
   東京都渋谷区猿楽町282-2 SPEAKFOR 2F

ギャラリー公式サイト

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング