Art

下北沢駅高架下に3年間限定の飲食店とイベントスペース開設へ

イベントスペース外観イメージ
Image by: スピーク

 不動産サイト「東京R不動産」を運営するスピークとクリエイティブカンパニーの東京ピストルが、下北沢の高架下に飲食店「ロンヴァクァン(long vá quán)(仮称)」とイベントスペース「下北沢ケージ」を開設する。京王電鉄が進めている井の頭線高架橋化の一部完了に伴い利用可能となった高架下空間を3年間の期間限定で有効活用する事業「下北沢高架下プロジェクト(仮称)」の一環で、今年8月に同時オープンを予定している。

 飲食店舗「ロンヴァクァン」は、アジアの屋台酒場からインスピレーションを得たカジュアルな食堂。金網フェンスに囲まれた面積約200平米の屋外スペース「下北沢ケージ」は、通常は公園空間として開放されるほか、企業PRや食、セカンドハンドマーケット、アートイベント、映像・映画、パフォーマンスなどのイベントスペースとしても貸し出され、夕方から夜にかけてはナイトマーケットの空間になるという。

■「下北沢ケージ」「ロンヴァクァン」
場所:東京都世田谷区北沢2丁目 井の頭線高架下(下北沢駅徒歩3分)

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング