Art

1千人のLGBTのポートレート集めた写真展が開催、撮影はレスリー・キー

展示の様子 Image by 認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ
展示の様子
Image by: 認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ

 写真家のレスリー・キーが撮り下ろし、1,000人のLGBTのポートレートを公開する「OUT IN JAPAN 1,000人写真展」が、7月12日に南青山のスパイラルガーデンでスタートした。

 「OUT IN JAPAN 1,000人写真展」は、ウェブサイトや展覧会などを通じて日本におけるLGBTのポジティブな可視化を目指すプロジェクト「OUT IN JAPAN」で企画された写真展。今年25周年を迎えるLGBTをテーマにした国際映画祭「レインボー・リール東京」に合わせて、1,000人分のLGBTのポートレートを日本で初めて一挙に展示している。レスリー・キーが1年間かけて日本全国で撮影し、タレントの佐藤かよやIVAN、アーティストの中村中、 生前の前田健、 東京大学の安冨歩教授、 上川あや世田谷区議会議員などの著名人のほか、 渋谷区や世田谷区で同性パートナーシップ証明書を取得したカップルや、様々な職業やセクシュアリティの参加者がモデルとして登場している。また、東京や大阪、名古屋、福岡、仙台で行ってきた9回の撮影会でのコンセプト・グループショットも初めて展示される。会期は7月18日まで。

■OUT IN JAPAN 1,000人写真展
期間:2016年7月12日(火)~7月18日(月・祝)
時間:11:00~20:00 ※16日(土)17日(日)は、 21:00まで
場所:スパイラルガーデン
   東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1階

「OUT IN JAPAN」公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング