Fumitoshi Goto

スターバックス、バリスタが車までコーヒーを運んでくれるカーブサイドをテスト

激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ

在米28年のアメリカン流通コンサルタント

フォローする:

■アプリ経由の注文サービス「モバイルオーダー&ペイ(Mobile Order & Pay)」を全米で展開しているスターバックスはカーブサイド・ピックアップのテストも始めている。モバイルオーダー&ペイは事前にネットから注文し支払いを済ませておくことでレジ待ちをせず店内で商品を受け取れるサービスだ。一方、カーブサイドピックアップはネット経由の注文と決済は同じだが、駐車した場所まで商品を持ってきてくれるサービス。カーブサイド・ピックアップは大手レストランチェーンでも行っており、ウォルマートなど一部の小売大手も展開を急いでいる。ワシントン州シアトル郊外のスノコルミー地区で行われているカーブサイド・ピックアップは、ドライブスルー・サービスを持たないショッピングセンター内のスターバックスで実験している。利用者はモバイルオーダー&ペイから注文し、注文画面の下にあるピックアップ・オプション(Pickup Options)の「スノコルミーリッジ店カーブサイド・ピックアップ(Curbside Pickup at Snoqualmie Ridge)」を選択し決済する。受け取りは店の前の路肩に出されたスタンド看板「カーブサイド・ピックアップ(Curbside Pickup)」がある駐車場所に車を停めておくと、バリスタが注文品を車まで持ってきてくれる。利用者は車から降りることなく、名前確認だけで商品を受け取れる。カーブサイド・ピックアップサービスは午前6時~午後6時の毎日行っており、サービス手数料はない。スターバックスはカーブサイド・ピックアップの利用者からのフィードバックでサービスの拡大を検討するとしている。
スターバックスによるとモバイル注文はテストフェーズを終えた直後にも関わらず売上全体で4%を占めており、繁盛店になるほどモバイル注文が増える傾向にある。売上トップ1,200店ではモバイル注文からの売上は全体の7%を占めている。主に都心部に集中する売上トップ300店では売上全体の10%を占め、1日のピーク時では売上全体の20%を占めている。

トップ画像:ワシントン州シアトル郊外のスノコルミー地区でカーブサイド・ピックアップのテストを行っているスターバックス。アプリ経由のモバイル注文で、路肩に出されたスタンド看板「カーブサイド・ピックアップ(Curbside Pickup)」がある場所に車を停めておくと、バリスタがコーヒー等を車まで運んでくれる。利用者は車から降りることなく、名前確認だけで商品を受け取れるサービスだ。
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。先日、朝食にチックフィレに行ってきました。モバイル・オーダーと新朝食メニューのプロモーションを試すためです。朝食をモバイルからオーダーする一方、「チックフィレ・ワン(Chick-fil-A One)」利用者に無料で進呈される新朝食メニューをレジで注文してみたのです。モバイルオーダーとレジ注文を同時に行ってみたのです。モバイルオーダーは簡単で便利。で、もたついたのがレジ注文です。行列はありませんでしたが、無料進呈のメニューはアプリにあるバーコードをスキャンさせなければならず、それに迷ってしまったのです。ほんの数秒でしたがレジ係りのスタッフを待たせた形になり、少し申し訳なく思いました。ちなみにモバイルオーダーは店内からも注文できるので、お店に行って席に座って注文が可能です。で、出来上がる頃にピックアップ場所で受け取ればいいので、フルサービス・レストランとそれほど変わりません。

16年9月6日 - 【チックフィレ】、モバイルオーダー・アプリと新朝食メニューを同時にプロモーション!

⇒モバイルオーダーに慣れてしまうと、レジ注文するのが本当に面倒に感じます。小さな子供をもつ両親などは、元気な子供と一緒にレジで並んで注文するのがバカらしく感じるぐらいモバイルオーダーは便利に感じます。急いでいる人にとってもレジ待ちはスキップしたいもの。で、スターバックスがモバイルオーダー&ペイを全店に拡大してから、モバイル注文が売上の牽引役になっています。コーヒーをピックアップしてすぐに仕事場に向かうお客が少なくない都心部のスターバックスでは、モバイルオーダーはマストなのですね。スターバックスが次に考えたのが「受け取りは車内で」という方式。スターバックスの多くの店にはドライブスルーがありません。したがって文字通り、道路の路肩(カーブサイド)での受け渡しを始めようとしているのです。課題は混雑度合い。混雑度合によっては周囲に迷惑をかけてしまうので、どれほどの利用者がいるのかなどを割り出しているのでしょう。バリスタの仕事も増えますから、負担度合いも調べているのでしょう。
モバイルオーダーになれると、イン&アウトバーガーでさえレジ待ちが不快です。これが消費者の変化であり、いずれファーストフード店でもカーブサイド・ピックアップが当たり前の世の中になるのです。となるとスーパーでも...

後藤文俊

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング