Art

ワンダーウォールが設計、故・渡邊かをるが運営していた鎌倉のバー「THE BANK」復活

「THE BANK」外観
Image by: Kozo Takayama

 片山正通が主宰するワンダーウォールが、鎌倉に再オープンしたバー「ザ・バンク(THE BANK)」のインテリアデザインを手がけた。アートディレクターの故・渡邊かをるが生前運営していたバーの建物や内装、家具などを当時の状態に近い形に復元。もともと倉庫だった2階はラウンジに変更し、近日中にオープンする予定だという。

— ADの後に記事が続きます —

 「ザ・バンク」は、1928年に鎌倉銀行由比ケ浜出張所として建てられた同所を渡邊かをるが気に入り、バーとしてオープン。当時のプロジェクトに片山正通も携わっており、「ワンダーウォールを立ち上げた最初のプロジェクトで、随分と緊張したことを思い出します」という。「アイリッシュのパブとイタリアのバールと日本のあの頃の感じな!」という渡邊かをるの言葉から「この小さなビルが、竣工当時から銀行ではなくバーだったら!?」とイメージを膨らませ、2000年4月に「ザ・バンク」としてオープンした。片山正通は、バーへの造詣が深い渡邊かをるから多くのことを学んだといい、当時のザ・バンクについて「渡邊さんの美学を強く反映した、大人がお酒を愉しむバーでしたね」と回顧する。地元の人々だけではなく東京からの来客も多く、渡邊かをる自身も毎週末通いお酒を楽しんでいたという。

 多くの人々に愛された「ザ・バンク」は、渡邊かをるが2015年3月に逝去したことを機に同年5月に閉店。「足しげく通っていたかをるさんが病気になって入院して、その後亡くなってしまったので、お店をやめたくてやめたわけではない。気持ちは残っていたはず」と考えた片山正通は、美しいものや粋なものを追求した渡邊かをるの"足跡"を残すため、復活させることを決めた。賃貸契約が終了していたため改めてオーナーに挨拶するところから始めたが、建物や内装は当時のままの状態で残され、家具については「やがて志のある人が現れた時に渡す」と古道具屋が売却せずに保管していたなど、様々な幸運が重なり当時にごく近い状態に戻すことができたという。タバコや葉巻の煙で脂色(やにいろ)になった1階の壁もそのまま残した。

 ドリンクはヨロッコビールなどのビール(700円〜)やカクテル(900円)といったメニューをそろえ、サイドメニューでは本日のサンドイッチ(1,000円〜)や自家製生チョコレート(900円)、マンチェゴチーズなどを用意。運営は鎌倉在住でこのエリアをよく知る野澤昌平と荒井恵美が担当しており、10月にオープンを迎えて以来、復活を喜ぶ声が多く届いているという。新しい「ザ・バンク」のスタートを切った片山正通は「空間こそ完全なる復活ではありますが、オーナーある僕や、運営をする野澤・荒井とつくりあげていくTHE BANKのスタートでもあります。渡邊かをるさんが最初に掲げた『アイリッシュのパブとイタリアのバールと日本のあの頃の感じな!』というイメージを新しいメンバーでつくっていきたいと思っています」とコメントしている。

■THE BANK
住所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-1-1
電話番号:0467-40-5090
営業時間:水〜金 5:00PM-1:00AM
     土、日、祝 3:00PM-1:00AM
     定休日 月/火

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング