Art

三越伊勢丹が気軽に立ち寄れる食の新業態「フード&タイム イセタン」アトレ品川に開業

フード&タイム イセタン
Image by: FASHIONSNAP

 アトレ品川に11月15日にオープンするライフスタイルストア「フード&タイム イセタン(FOOD&TIME ISETAN)」の内部が公開された。三越伊勢丹ホールディングスの食品子会社である三越伊勢丹フードサービスが運営する食の新業態で、これまで課題だった時間帯で異なるニーズに対応するため、イートインスペースを約5年ぶりに再導入。同フロアで展開していたスーパーマーケット「クイーンズ伊勢丹 品川店」をはじめとする食のほか、雑貨やコスメなどを売場に取り入れ、独自のMDとサービスにより新たな賑わいの創出を目指す。

— ADの後に記事が続きます —

 アトレ品川3階にオープンする「フード&タイム イセタン」は、プロデューサーに柴田陽子、デザイナーに谷尻誠と吉田愛が率いるサポーズデザインオフィスを起用し、世界のトレンドの中心地ニューヨークを意識した空間に仕上げた。フロアは「食べる」「過ごす・暮らす・学ぶ」「嗜む」「作る」の4つで構成。「食べる」では110席を設けたフードコートとバラエティー豊かなデリを展開し、メキシカンダイナー「グズマン イー ゴメズ(Guzman y Gomez)」や浅野屋が手がける新業態のバーガーショップ「グリ パン(Gri&Pain)」などの店舗が出店。また、サラダバー「ファーマーズ グリーン(FARMAR'S GREEN)」、デリカデッセン「デリ シェフズセレク(DELI CHEF's SELEQ)」、寿司屋「スシアンドロール ウオセイ(SUSHI&ROLLS UOSEI)」といった三越伊勢丹HDによる新プライベートブランド3店舗が並び、クイーンズ伊勢丹で取り扱う素材を使ったメニューを提供する。「過ごす・暮らす・学ぶ」には、国内6号店となる「ブルーボトルコーヒー(BLUE BOTTLE COFFEE)」がオープン。近接のスペースでは三越伊勢丹グループのバイヤーが選りすぐったコスメや雑貨、書籍を販売する。クイーンズ伊勢丹は「嗜む」「作る」のエリアに位置し、「嗜む」ではリカーや菓子、惣菜などを取り扱うほか、500円前後のおつまみと共に楽しめるワインバーを設置した。商品の構成比はクイーンズ伊勢丹が7割、フードコートが2割、本やコスメなどを扱うスペースが1割となっている。

 三越伊勢丹フードサービスは、品川駅周辺の居住者やビジネスマン・ビジネスウーマンのほか、出張や旅行で品川駅の利用者が、ランチやディナーで気軽に入れるスペースを取り入れる必要があると判断。今回のクイーンズ伊勢丹 品川店の改装で時間帯やニーズを考慮し、フードコートを再導入するなど、気軽に入れる空間づくりを強く意識したという。明確な売上目標数値は非公表としているが、過去12年間で最高売上である30億円超を目標水準に掲げる。同社の内田貴之社長は「新しいチャレンジに挑んだ業態。百貨店の総力を挙げて成功させたい」と話している。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング