Business

フォーブス発表「日本の起業家ランキング」メルカリ山田社長が殿堂入り

(左から)ソラコム玉川憲社長、メルカリ山田進太郎社長、ラクスル松本恭攝社長
Image by: アトミックスメディア

 フォーブス ジャパンが11月21日、「日本の起業家ランキング2017」ベスト10をアワードセレモニー「JAPAN'S STARTUP OF THE YEAR 2017」で発表した。メルカリの山田進太郎社長が3年連続で1位に輝き、殿堂入りを果たした。

— ADの後に記事が続きます —

 「日本の起業家ランキング2017」は、フォーブス ジャパンの高野真編集長をモデレーターに、日本のスタートアップ業界に詳しい計8人の評価委員会メンバーからショートリストの起業家30人についての意見を聞き、ランキング上位集団を選定。順位は委員の投票により決定された。殿堂入りしたメルカリの山田社長は「"新たな価値を生み出す世界的なマーケットプレイスを創る"というのが我々のミッション。世界的という意味では、まだ成功しているとはいえない。アメリカも含めて、来年は世界市場をとるべく、背水の陣で頑張っていきたい」とコメントしている。

 ランキング上位10位は以下の通り。

第1位 メルカリ 山田 進太郎
第2位 ソラコム 玉川 憲
第3位 ラクスル 松本 恭攝
第4位 ビズリーチ 南 壮一郎
第5位 Sansan 寺田 親弘
第6位 WHILL 杉江 理
第7位 マネーフォワード 辻 庸介
第8位 アストロスケール 岡田 光信
第9位 ライフロボティクス 尹 祐根(ゆん うぐん)
第10位 freee 佐々木 大輔

フォーブス ジャパン公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング