Business

三越伊勢丹HDと電通、スポーツ競技大会関連商材の合弁会社設立

 三越伊勢丹ホールディングスと電通が、各種スポーツ団体や競技大会関連商材の企画・製造・販売と、ライセンス事業を行う合弁会社Dスポーツマーチャンダイジングを設立した。12月1日から営業を開始する。

 Dスポーツマーチャンダイジングの出資比率は、電通が85.1%、三越伊勢丹ホールディングスが14.9%。各スポーツ団体のマーケティング活動を支援している電通と、三越伊勢丹の商品企画および販売力を生かし、将来性が見込めるスポーツマーチャンダイジング領域のビジネスに取り組む。各スポーツイベントや団体との協議を進め、マークやマスコットといった知的財産権を活用した販売品や配布品のマーチャンダイジング、そしてライセンス商品の企画および高品質な商品の供給に注力する。

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング