Business

アウトレット「横浜ベイサイド」が2倍弱の新大型商業施設に、2023年オープン

イメージパース
イメージパース
Image by: 三井不動産

 横浜市が、2018年4月以降の横浜ベイサイドマリーナ地区の事業予定者が三井不動産に決定したことを発表した。同エリアでアウトレットを運営する三井不動産は2023年、2倍弱にスケールアップする新大型商業施設のオープンを予定している。

— ADの後に記事が続きます —

 三井不動産は、現行のアウトレット施設を2階建てから3階建てに建て替え、店舗数を現状の80店舗から150店舗、店舗面積を現状の約1万4,548平方メートルから約2万6,446平方メートルに拡大。アウトレットを中心に構成し、中庭や、海辺のカフェやレストランを充実させるなど、1日中過ごせる場所を創出する。

■施設概要
所在:横浜市金沢区白帆2番2ほか
敷地面積:約3万1,945平方メートル
述床面積:約5万3,200平方メートル
主要用途:商業施設

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング