Fumitoshi Goto

アメリカ「働きがいのあるベスト企業100社」発表、スーパーなど小売業も上位に

激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ

在米28年のアメリカン流通コンサルタント

フォローする:

■経済誌のフォーチュン誌は9日、「最も働きがいのあるベスト企業100社(100 Best Companies To Work For)」で殿堂入りとなる「働きがいのあるレジェンド企業(Great Place to Work Legends)」を発表した。「最も働きがいのあるベスト企業100社」ランキングは、フォーチュン誌と働き方に関する研究機関「Great Place to Work Institute」が連携し、米国企業(従業員数1,000人以上で創業7年以上)の従業員を対象に経営陣の信頼性や仕事に対する満足度、給与、福利厚生制度などについて調査した結果に基づいて企業を格付けしている。同ランキングは1998年から20回続いている。働きがいのあるレジェンド企業は、ランキング100位内に20年間連続して入っている企業12社に与えられるもの。小売業界で名誉あるレジェンドの称号をうけたのはウェグマンズ、パブリクス、REI、ホールフーズ・マーケット、ノードストロームの5社となっている。他のレジェンドにはコンピューターネットワーク開発のシスコやソフトウェアのSASインスティテュート、金融のゴールドマンサックス、建設のTDインダストリーズ、ハードウェアメーカーのWLゴア&アソシエイツ、ホテルのフォーシーズンズとマリオットがある。
「2017年 最も働き甲斐のあるベスト企業100(100 Best Companies To Work For 2017)」ランキングで小売業界トップにたったのはスーパーマーケットのウェッグマンズ。従業員数4.7万人で92店舗を展開する家族経営のレジェンドは昨年の4位から2位にランクアップだ。小売業で2位となったホワイト企業は昨年の67位から21位に大幅にランクアップしたスーパーマーケットのパブリクス。フロリダ州を中心に1,143店を展開し従業員数20万人のパブリクスも非上場企業でありレジェンドだ。小売業界3位はアウトドア用品を会員制で販売するREI。総合ランキングでは昨年の26位から28位に若干落ちているもののREIは36州に147店を展開し従業員数が1.2万人となるレジェンドなホワイト企業でもある。4位は北カリフォルニアで12店舗のスーパーを展開するナゲット・マーケット。前年の13位から30位と落ちているものの、1926年創業の老舗スーパーは100位以内に8回連続して留まれば殿堂入りを果たすことになる。5位はコンテナストア。総合では昨年の14位から49位に大幅に落としているが、再来年のランキングまで100位内にとどまれば「働きがいのあるレジェンド企業」となる。
総合で50位以下の小売企業はレジェンドなホワイト企業となったホールフーズ・マーケット(58位)、68位のクイックトリップ、72位のイケア、76位のビルド・ア・ベア・ワークショップ、87位のシーツ、94位でレジェンド企業のノードストロームがある。

<2017年トップ10企業>
1 グーグル(Google:Alphabet)
2 ウェッグマンズ(Wegmans Food Market)
3 ボストン・コンサルティング・グループ(Boston Consulting Group)
4 ロバートW.ベアード&カンパニー(Robert W. Baird & Co)
5 エドワードジョーンズ(Edward Jones)
6 ジェネンテック(Genenteck)
7 アルティメイトソフトウェア(Ultimate Software)
8 セールスフォース(Salesforce)9 アキュイティ(ACUITY)
7 キンリー・ホーン&アソシエイツ(Kimley-Horn and Associates)
8 SAS(SAS)
9 キャムデン・プロパティ・トラスト(Camden Property Trust)
10 クイッケン・ローンズ(Quiken Loans)

<小売企業のランキング>(カッコ内は昨年の順位)
2 ウェッグマンズ(4)
21 パブリクス(67)
28 REI(26)
30 ナゲット・マーケット(13)
49 コンテナストア(14)
58 ホールフーズ・マーケット(75)
68 クイックトリップ(76)
72 イケア(63)
76 ビルト・ア・ベア・ワークショップ(45)
77 カーマックス(85)
87 シーツ(97)
94 ノードストローム(92)

トップ画像:「最も働きがいのあるベスト企業100社(100 Best Companies To Work For)」に20年連続して入ったレジェンド企業のウェグマンズ。給与が取り立ててよいわけではないが、ワークスケジュールが柔軟で昇進の機会が多い上に、誕生日にはケーキでお祝いしたり、寒い日に屋外で働くスタッフに暖かいココアを提供したりと家族をねぎらうような雰囲気で従業員から愛されているのだ。
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。「最も働きがいのあるベスト企業100社」とは、いわばホワイト企業。20年連続して100位内に入ったホワイト企業レジェンドは12社あり、そのうち人による労働力の割合が大きい労働集約型サービス産業(Labor-intensive service industry)に属する企業は、小売業5社(ウェグマンズ、パブリクス、REI、ホールフーズ、ノードストローム)とホテル業2社で7社もあります。さらにそのうちの3社はスーパーマーケットです。今年のランキングではハイテクのグーグルに次いで2位となったのが、スーパーマーケット業界でも文字通りレジェンドのウェグマンズです。ウェグマンズの給与が他と比べて高いかといったらそんなことはありません。レジ係は平均で時給9.44ドルです。が、ワークスケジュールが柔軟で昇進の機会が多い上に、何より誕生日にはケーキでお祝いしたり、寒い日に屋外で働くスタッフに暖かいココアを提供したりと家族的な雰囲気が好まれているのです。
顧客のための様々な小さな工夫「リテール・イズ・ディテール」は、従業員を家族のようにねぎらっているから生まれるのでしょう。

16年1月21日 - 【ウェグマンズ】、100周年1!最新店のリテール・イズ・ディテールはこの画像を見よ?

16年1月22日 - 【ウェグマンズ】、100周年②!チーズショップにオープンエアのミスティングケース導入?

16年7月6日 - 【ウェグマンズ】、100周年③!100年愛されるスーパーマーケットは男性用トイレも違う?

17年1月17日 - 【ウェグマンズ】、創業100周年④!91店目にバーガーバーでグローサラントが更に進化?

後藤文俊

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング