Art

銀座ソニービルが閉館 スカパラの演奏でフィナーレ飾る

フィナーレイベントの様子
フィナーレイベントの様子
Image by: FASHIONSNAP

 リニューアルため一時閉館する「銀座 ソニービル」が営業最終日となる3月31日の今日、フィナーレイベントを開催した。ソニーの平井一夫社長兼CEOが出席し、ジョン・カビラとトークショーを行ったほか東京スカパラダイスオーケストラとともにパフォーマンスを披露した。

 

 ソニーは「銀座 ソニービル」の大規模リニューアルを推進する事業計画「銀座ソニーパークプロジェクト(GINZA SONY PARK PROJECT)」に伴い、1966年の開業以来50年間にわたって運営してきた同ビルの地上地下全フロアの営業休止を決定。2018年夏から2020年秋までは地上部分に「銀座ソニーパーク」を展開し、2022年に新たなソニービルとして営業を再開する。

 フィナーレイベントのトークショーは、平井社長兼CEOの学生時代そしてソニーでも先輩だったというジョン・カビラをMCに迎えて実施。カメラが好きだった平井社長兼CEOは少年時代から銀座の街を訪れるたびに「銀座 ソニービル」に足を運んでいたという。建築家の芦原義信が手がけた現在の建物にはオープンスペースが設置されていることから、リニューアル後も「街に開かれた施設」という考え方を継承し、700平方メートルを超える空間に世界の人々を迎え入れるフラットなオープンスペースを構想。憩いの場だけではなくイベントスペースとしても活用する計画だ。ショールームではエレクトロニクスだけではない"今のソニー"を体験できるなど「アーティストライブもできるような複合施設を検討している」と述べた。

 トークショー終了後は、東京スカパラダイスオーケストラが登場。平井社長兼CEOもサックスを手に共に演奏を披露した後、近隣の中央区立泰明小学校の金管バンドやソニー・フィルハーモニック・オーケストラとセッションを行いながら館内でパレードを実施した。イベント終盤ではソニー通りでライブを開催。冷たい雨が降りしきる中でのパフォーマンスとなったが、雨をも吹き飛ばす迫力ある演奏で会場を盛り上げ、華やかにフィナーレを飾った。

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング