Art

現代アーティストが描く「ドラえもん展」が15年ぶりに開催、蜷川実花や村上隆ら参加

前回の「THE ドラえもん展」村上隆の出展作品 「ぼくと弟とドラえもんとの夏休み」(2002年)
前回の「THE ドラえもん展」村上隆の出展作品 「ぼくと弟とドラえもんとの夏休み」(2002年)
Image by: ©2002 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. ©Fujiko-Pro 2002

 現代アーティストが「ドラえもん」をアートで表現した「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が、森アーツセンターギャラリーで開催される。会期は2017年11月1日から2018年1月8日まで。

 同展は2002年の「THE ドラえもん展」から15年ぶりの開催となり、企画・監修は美術史家の山下裕二が担当。前回出展された作品も展示され、蜷川実花をはじめ、福田美蘭や、村上隆、森村泰昌、会田誠、梅佳代、小谷元彦、鴻池朋子、 佐藤雅晴、しりあがり寿、西尾康之、町田久美、Mr.、 山口晃、渡邊希ら15組のアーティストが参加する。

■THE ドラえもん展 TOKYO 2017
会場:森アーツセンターギャラリー
会期:2017年11月1日(水)〜2018年1月8日(月・祝)
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
主催:テレビ朝日、朝日新聞社、ADK、小学館、シンエイ動画、小学館集英社プロダクション、 乃村工藝社、森アーツセンター
特別協力:藤子プロ
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング