Art

【動画】「空中盆栽」でマインドフルネス提案、三越伊勢丹が世界初のリアル販売を実施

 三越伊勢丹ホールディングスが、「Air Bonsai(空中盆栽)」を5月15日から期間限定で受注販売する。リアル店舗での販売は世界初となり、伊勢丹新宿店や日本橋三越本店、銀座三越、伊勢丹立川店、仙台三越、名古屋栄三越、静岡伊勢丹、ジェイアール京都伊勢丹で取り扱う。

 プロジェクトチーム「星人空中盆栽園」が開発した「空中盆栽」は、磁石の反発力を活用して苔玉を浮かべ、ゆっくりと回転する様子を楽しむ作品。クラウドファンディングサービス「キックスターター(Kickstarter)」では目標額8万ドルに対して10倍の資金を獲得し、2016年2月発行の「タイム(TIME)」誌でも取り上げられ話題を集めた。インターネット限定で展開されていたが、三越伊勢丹が「グローバル・グリーン キャンペーン」の実施に合わせて販売を決定。同キャンペーンでは、自分自身に目を向け、作法や仕草、行為に集中することがストレス解消やこころの解放につながるマインドフルネスに着目し、実際に体感できる媒介として「空中盆栽」を選んだという。限定商品の「泡化粧"銅" -AWAGESHOU DOU-」(4万9,680円/盆栽は含まない)の受注販売を行い、一部店舗では別途料金で盆栽の植え付けを受け付ける。

 同社は、今年3月にも銀座三越でメディテーション(瞑想)にフォーカスを当てた企画「あたらしい祈りのカタチ」を開催。今後もヨガなどを通じて同様の企画に取り組んでいく予定だという。

■グローバル・グリーン キャンペーン:スペシャルサイト ※5月10日(水)10時公開

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング