Art

コクヨが千駄ヶ谷で"自分らしい暮らし"を提案 セレクトアイテムも販売

店内の様子
店内の様子
Image by: FASHIONSNAP

 コクヨのライフスタイルショップ&カフェ「シンク オブ シングス(THINK OF THINGS)」の内部が、5月26日のオープンに先駆けて公開された。創業112年という長い歴史を持つ同社は、2015年10月にコクヨS&Tおよびコクヨファニチャーと合併し、内部改革を推進。同店舗を"新しいコクヨ"の発信拠点と位置付け、現代の暮らしに沿ったライフスタイルを提案する。

— ADの後に記事が続きます —

 「シンク オブ シングス」はJR原宿駅竹下口から徒歩3分の閑静な千駄ヶ谷エリアに立地。店舗デザインはコクヨが自ら手掛けた。地上3階層で、1階に「オブスキュラ コーヒー ロースターズ(OBSCURA COFFEE ROASTERS)」がプロデュースするカフェとライフスタイルショップを展開。ライフスタイルショップでは同店舗限定のオリジナルアイテム約80品番とコクヨの既製品約80品番に加えて、「バッグワークス(BAGWORKS)」や「アサヒシューズ」「ホールドオール(HOLDALL)」「フォアルオブ(fourruof)」「エイチ トーキョー(H TOKYO)」「シュロ(SyuRo)」といったセレクトアイテム約180品番がそろう。同社はこれまで「働く」「学ぶ」のフィールドを軸に商品開発を行ってきたが、仕事と生活の境目が曖昧になっている現代のライフスタイルを踏まえ、双方のシーンで刺激や発見をもたらすアイテムをラインナップしたという。セレクトアイテムは全体の約半分を占める構成で、革製品など同社にはない素材を使った商品を選定。星剛 店舗責任者は商品ラインナップについて「お客様が意志を持って選択・判断できる"幅"を提案することで、それぞれの価値観で商品を選んでいけるようなコミュニケーションができたらと思っている」と話す。2階には多目的スペース「STUDIO」を配置し、クリエーティブに関連したイベントを開催する予定。ショップディレクションは永田宙郷、ネーミングは編集者の廣川淳哉、アイテムセレクトは「ザ・コンランショップ(THE CONRAN SHOP)」を経てリドルデザインバンクを設立した塚本太朗が担当した。

 同社は過去に直営店を出店したことはあったがいずれも閉店しており、「シンク オブ シングス」は顧客と繋がる重要な拠点と捉えている。クリエーティブ関連企業が並び、感度の高い街として知られている千駄ヶ谷を訪れる顧客との交流の中で生まれた意見を今後の商品開発に活かしていく考えだ。

■シンク オブ シングス(THINK OF THINGS)
オープン日:2017年5月26日(金)
営業時間:10:00~20:00
定休日:毎月第3水曜日
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1 (JR原宿駅竹下口より徒歩3分)

公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング