Art

フランスの現代美術ギャラリー「ペロタン」が六本木にオープン

GEP #1 / Pierre Soulages / Peinture, 157 x 222 cm, 28 février 2011 Acrylic on canvas, 157 x 222 cm / Photo : Vincent Cunillère
GEP #1 / Pierre Soulages / Peinture, 157 x 222 cm, 28 février 2011 Acrylic on canvas, 157 x 222 cm / Photo : Vincent Cunillère
Image by: © ADAGP, Paris 2017 / Courtesy Perrotin

 フランスの現代美術ギャラリー「ペロタン」が6月7日、六本木のピラミデビル1階にオープンする。オープニング記念として、現代抽象画の巨匠で今年97歳になるピエール・スーラージュの個展が8月19日まで開催される。

 

 「ペロタン」の創立者エマニュエル・ペロタンは21歳で最初のギャラリーを開設。現在はニューヨークや香港、ソウルに展開し、マウリツィオ・カテランや村上隆らと長年交流を持つなど、コンテンポラリーアートの世界では最も影響力のあるギャラリストとして知られている。六本木にオープンする「ペロタン東京」は17番目のギャラリーとなる。エグゼクティブディレクターはアジアのペロタンギャラリーを統括しているアリス・ルンと中島悦子、ディレクターにはペロタン香港で経験を積んだステファニー・ヴァイヨンが就任。設計デザインは香港の「ザ・アッパーハウス」や、フランス・プロヴァンスの「ヴィラ・ラ・コスト」、シンガポールの「ザ フラートン ベイ ホテル」など主要のラグジュアリーホテルを手掛けてきたアンドレ・フー(André Fu)が担当した。ピエール・スーラージュの個展では「黒」を追求した新作が日本で初公開される予定。

■ペロタン東京
住所:東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル1階
アクセス:六本木駅1a出口から徒歩3分

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング