Business

ポートランド発のドーナツ店「カムデンズ ブルースタードーナツ」が日本撤退

カムデンズ ブルースタードーナツ(2015年4月撮影)
カムデンズ ブルースタードーナツ(2015年4月撮影)
Image by: FASHIONSNAP

 米国オレゴン州ポートランド発のドーナツショップ「カムデンズ ブルースタードーナツ(CAMDEN'S BLUE ★ DONUTS)」が5月末までに全店を閉店し、日本を撤退していたことがわかった。

 

 「カムデンズ ブルースタードーナツ」は、2012年にオレゴン州ポートランドで「ブルー スター ドーナツ(BLUE STAR DONUTS)」として創業。ブリオッシュをベースに、生地からすべてを店舗内のキッチンで手作りしたドーナツを提供している。行列ができる人気のドーナツ店として知られ、全国紙「USA Today」や「New York Post」では「USAでベスト10のドーナツ店」として高く評価された。日本には2015年4月に初上陸し、1号店をログロード代官山(LOG ROAD DAIKANYAMA)の「フレッド・シーガル(Fred Segal)代官山店」店内にオープンして以来、横浜やルミネ新宿 ルミネ1、渋谷ヒカリエ、阪神梅田本店、心斎橋オーパにも店舗を展開。昨年10月には初の路面店を心斎橋に出店するなど店舗網を拡げていたが、5月末までに全店が閉店した。運営会社のBSDジャパンによると今後の出店予定はなく、すでに事業を終了したという。

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング