Art

日本の若手建築家が描く「夢の家」ストライプ石川康晴の財団が展覧会開催

「夢の家」ドローイング ©Ryu Mitarai
「夢の家」ドローイング ©Ryu Mitarai
Image by: 公益財団法人 石川文化振興財団 

 ストライプインターナショナルの石川康晴社長が理事長を務める公益財団法人 石川文化振興財団が、展覧会「ユメイエ展:日本の若手建築家」を開催する。会期は7月28日から8月12日まで。

 

 テーマは、建築設計という実践的な営みと、夢という想像力の領域の橋渡しを意図する「夢の家」。日本の若手建築家が制作したドローイングや模型を公開する。選定は建築家で東京大学大学院教授の千葉学が担当し、会場構成を担当する中川エリカの他、田根剛、⻘木弘司、畝森泰行、御手洗龍、萬代基介、金野千恵とアリソン理恵によるユニットtecoといった13人が参加。現代美術ギャラリーTARO NASUで開催する。

■ユメイエ展:日本の若手建築家
会期:2017年7月28日(金)〜8月12日(土)
休館日:日・月曜日、祝日
会場:TARO NASU 東京都千代田区東神田 1-2-11
TEL:03-5856-5713
開場時間:10:00〜18:00
主催:公益財団法人 石川文化振興財団

【参加建築家】
 ⻘木弘司
 畝森泰行
 大⻄麻貴+百田有希/o + h
 海法圭
 田根剛
 teco (金野千恵+アリソン理恵)
 中川エリカ
 能作淳平
 能作文徳
 萬代基介
 御手洗龍

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング