Art

無印良品が国内初となる「MUJI HOTEL」を2019年春に開業

「マロニエ×並木 読売銀座プロジェクト」(イメージ) Image by 三井不動産
「マロニエ×並木 読売銀座プロジェクト」(イメージ)
Image by: 三井不動産

 「無印良品」が、国内で初展開となる「MUJI HOTEL」を2019年春に開業することを発表した。

 「MUJI HOTEL」は、読売新聞東京本社と三井不動産が、銀座3丁目エリアに複合ビルを建設するプロジェクト「マロニエ×並木 読売銀座プロジェクト」の一環で展開。ホテルは小田急グループのUDSが設計と運営、良品計画がコンセプトや内装デザインを監修を手掛け、ホテル内には無印良品の家具やアメニティグッズがそろう。

 新たに建設される複合ビルは並木通りに面しており、商業施設「マロニエゲート銀座(MARRONNIER GATE GINZA)」を展開する読売新聞東京本社が事業主を務める。延床面積は1万4,219平方メートルで、地下3階、地上10階から構成される。地下1階から地上6階を店舗、6階の一部から10階をホテルとして営業し、良品計画は「MUJI HOTEL」に加えて「無印良品」の世界旗艦店を出店する。

■「マロニエ×並木 読売銀座プロジェクト」概要
所在地:東京都中央区銀座3丁目103番3、4、6、14、15、21、40(地番)
事業主:株式会社読売新聞東京本社
アクセス:東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座」駅徒歩2分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅徒歩2分、JR「有楽町」駅徒歩3分
敷地面積:約1,343平方メートル
延床面積:約14,219平方メートル
竣工・開業:2019年春予定

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング