Business

マッシュが食品輸入事業に参入、米国人気ナンバー1のオーガニックアイスクリームを展開

スリーツインズ アイスクリーム
スリーツインズ アイスクリーム
Image by: マッシュホールディングス / FASHIONSNAP

 マッシュホールディングスが10月5日、食品輸入事業に参入することを発表した。第1弾として、日本初上陸となる全米人気ナンバー1のオーガニックアイスクリームブランド「スリーツインズ アイスクリーム(Three Twins Ice Cream)」の展開を来春から開始する。

 

 「スリーツインズ アイスクリーム」は2005年にカリフォルニア州サンラファエルで誕生。創業者のニールが「信頼する生産者と原材料のみを使用する」というコンセプトのもと、従来のアイスクリームに使われている化学調味料を一切取り入れていない100%オーガニックのアイスクリームを展開し、USDAオーガニック認証を受けた。直営店で販売するほか、高級スーパー「ホールフーズ・マーケット(WHOLE FOODS MARKET)」などでも取り扱われ、オーガニックアイスクリームのジャンルにおいて全米ナンバーワンのブランドとして支持されている。

 マッシュホールディングスでは、子会社のマッシュビューティーラボがスリーツインズ アイスクリームと独占販売契約の基本合意を締結。同社が運営するセレクトショップ「ビープル バイ コスメキッチン(Biople by CosmeKitchen)」を皮切りに、スーパーなどで卸売展開のほか直営店の出店を視野に入れる。シングルサイズ(147ml)とパイントサイズ(473ml)をそろえ、フレーバーはビタースウィートチョコレートやマダスカル バニラ、ミント、モカ、シーソルト キャラメルなど幅広くラインナップする。価格帯はスクープタイプが390円〜980円、カップタイプが390円〜1,200円(すべて税別)。今後は日本限定フレーバーを開発する計画だ。

■ビープル バイ コスメキッチン:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング