メインビジュアル
メインビジュアル

Art

ウィリアム・クラインと若手写真家にフォーカスした企画展開催

メインビジュアル
メインビジュアル

 21_21 DESIGN SIGHTで、企画展「写真都市展 -ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-」が開催される。会期は2018年2月23日から6月10日まで。

 同展では、20世紀を代表する写真家ウィリアム・クライン(William Klein)と日本やアジアの若手写真家の作品を展示。ディレクターに写真評論家で美術史家の伊藤俊治を迎え、ウィリアム・クラインの作品と若手写真家による新しいメディアやテクノロジーを駆使した作品を対比する。ウィリアム・クラインのほか、TAKCOM、西野壮平、沈昭良、水島貴大、石川直樹、森永泰弘、安田佐智種、多和田有希、須藤絢乃、勝又公仁彦、朴ミナ、藤原聡志らの作品が並ぶ。

 ウィリアム・クラインは、1928年ニューヨーク生まれ。写真や映画、デザイン、ファッションなどジャンルを超えた表現で、ニューヨーク、東京、モスクワ、ローマ、パリなど世界の都市を捉えた作品を制作。現代の視覚文化に大きな影響を与えた。

■21_21 DESIGN SIGHT 企画展「写真都市展 -ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-」
会期:2018年2月23日(金)〜6月10日(日)
休館日:火曜日(5月1日は休館)
開館時間:10:00〜19:00(入場は18:30まで)
入館料:一般1,100円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1、2
参加作家:ウィリアム・クライン、石川直樹+森永泰弘、勝又公仁彦、沈 昭良、須藤絢乃、TAKCOM、多和田有希、西野壮平、朴 ミナ、藤原聡志、水島貴大、安田佐智種
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング