Art

DMM.comが水族館「DMMかりゆし水族館(仮)」開業

イメージ
Image by: DMM.com

 DMM.comが、沖縄県豊見城市豊崎 美らSUNビーチに隣接する開発中のショッピングセンター敷地内に「DMMかりゆし水族館(仮称)」を開業することを発表した。オープン時期は2020年上半期を予定。沖縄美ら海水族館に続く沖縄県内2施設目の水族館の開業に向け、現在は沖縄県内で水族館運営に知見のある企業と技術提携に向け協議を進めているという。

— ADの後に記事が続きます —

 「DMMかりゆし水族館(仮称)」では「"世界初"最新映像技術を駆使した新しいエンタテイメント水族館」をメインテーマに、海洋生物と最新映像技術を組み合わせたテーマパークのような水族館を目指す。沖縄の玄関口「那覇空港」から車で約20分の場所に位置し、施設内では最新映像技術を駆使したリアル海洋体験のほか、海洋生物だけではなく沖縄地方を中心としたさまざまな動植物と触れ合うことができる。同社は、最新映像技術を駆使した生物の多様性、独自性を学ぶ教育機会を創出して、地域社会の発展、環境保全に貢献していきたい考えだ。

■DMMかりゆし水族館(仮称)
所在地:沖縄県豊見城市豊崎3番(大和ハウス工業の開発するショッピングセンター敷地内)
延床面積:8,066平方メートル(2,440坪、予定)
建物規模:地上3階層構造の1,2階部分(予定)
構造:鉄骨造(予定)
設計施工:水族館設計・監理は大建設計、施工業者未定
開業予定:2020年上半期(予定)
入場者数:初年度210万人(目標)

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング