Business

伊藤忠商事がオーダースーツ市場に参入、専用ECサイトを開設

ECサイト「スキャバル・メイド・トゥ・メジャー」
ECサイト「スキャバル・メイド・トゥ・メジャー」
Image by: 伊藤忠商事

 伊藤忠商事が12月18日、全国のテーラーとの提携によるオーダーメイドスーツ事業に参入することを発表した。同日、子会社で高級紳士服地ブランド「スキャバル(SCABAL)」を展開するスキャバルジャパンを通じて、ECサイト「スキャバル・メイド・トゥ・メジャー(Scabal made to measure)」を立ち上げた。

 

 スキャバルは1938年創業のScabal.S.A.社によってベルギー・ブリュッセルで創設。日本市場では近年、パターンオーダー事業にも注力している。

 オーダーメイドスーツ事業ではスキャバルの高級服地500種類以上を取りそろえるほか、長年取引関係にある一流テーラーと提携。また、国際衣服デザイナー・エグゼクティブ協会(IACDE)日本支部より三つ星認定を受けた工場で生産するなど、スーツで重要な要素とされている「採寸」「生地」「縫製」においてネットとリアルを活用し、高品質なサービスを提供する。ECサイトにはオンライン上でスーツの仕様が選べる機能や、生地を選択することで製品イメージを確認できる機能を搭載。2着目以降は来店不要で注文することができる。

 テーラーとの提携は、東京「ヴェスタ(VESTA)」など全国5店舗でスタート。今後はブランドの価値向上と同事業の認知度拡大を図り、3年後に小売上代ベースで15億円規模の売上を目指すという。

■SCABAL MADE TO MEASURE:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング