Business

2018年開業のショッピングセンター件数、6年ぶりの低水準になる見通し

 日本ショッピングセンター協会が12月21日、2017年に開業したショッピングセンターが48件だったと発表した。2018年は「東京ミッドタウン日比谷」や「マークイズ(MARK IS)福岡ももち」など42件の開業が予定されており、2015年の60件から3年連続で減少。2012年の35件以来6年ぶりの低水準となる見通しだ。

 

 2017年は「ギンザ シックス(GINZA SIX)」をはじめ、「柏の葉 T-SITE」や「トリエ京王調布」「エキエ(ekie)」「パルコヤ(PARCO_ya)」などが開業。既存ショッピングセンターの前年同月比の売上は1月と2月で前年を下回ったが、3月以降は7カ月連続で前年を上回り、11月度は冬物衣料が堅調だったことから前年同月比2.5%増となるなど、好調に推移している。

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング