Business

幻冬舎とCAMPFIRE、出版業界を改革する共同出資会社を設立へ

幻冬舎代表取締役社長の見城徹とCAMPFIRE代表取締役社長の家入一真
幻冬舎代表取締役社長の見城徹とCAMPFIRE代表取締役社長の家入一真

 出版社 幻冬舎とクラウドファンディングプラットフォームを運営するCAMPFIREが、クラウドパブリッシング事業を行う共同出資会社エクソダスを2018年1月末に設立することで合意したと発表した。出資比率は50%ずつで、資本金と決算期は未定。取締役会長には幻冬舎代表取締役社長の見城徹、代表取締役社長にはCAMPFIRE代表取締役社長の家入一真が就く。

 

 エクソダスでは、出版不況が叫ばれる現代において「クラウドパプリッシングプログラム」というオープンな出版を目指すプラットフォームを提供。一般のユーザーからフリーライターなどの個人事業主、出版社や編集プロダクションなどの出版を営む企業まで、持ち込まれた出版アイデアをもとにCAMPFIREがこれまで培ってきたクラウドファンディングのノウハウと幻冬舎の企画力や編集力、宣伝力を掛け合わせることで全く新しい出版モデルを構築するという。

 出版だけではなく映像や音楽といった他メディアとのシナジーも視野に入れるほか、クラウドファンディングの活用や、書籍出版の利益を支援者や制作関係者に還元する 「利益還元型出版」、仮想通貨におけるトークンを発行する「トークン発行型出版」なども検討していくという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング